ジェムチュテレール


輝幻石界記


ここは宝石達が人の姿をして生まれてくる世界。
その名を輝幻界と言います。

生まれの特殊性から性別はなく、等しく皆女性として生まれてきます。

そんな中、一際輝く幻石守護姫達のストーリー。



その昔、ここは不安定な概念のような状態でした。
それを新しい世界としてその存在を固定することで状態を安定させ、一つの世界として認識、定着させたのが始まりです。

  その管理をしていた方は"外"の世界の存在であったため、「この世界の事はこの世界に生きている存在たちに任せるべき」だと考え、  
自分は極力干渉しないで見守ることにしました。

しかしそのままではまた概念の状態に戻ってしまいかねません。
そこで管理の方は一人の花の精をその導き手として――

【今はまだここまでですー】


サイトトップへ戻る